手術件数で医師の腕の違いが分かる

医療技術においてもどんどんIT化が進んでいます。
これまでは人の技術や判断が非常に重要でしたが、画像解析の仕組みで細かく患部をチェックしたり、内視鏡などを使わずに患部の様子を確認したりできます。
人の目では見えにくい部分も、機械を通すことでより細かく見られるようになりました。
遠隔操作をするロボットなどでの治療も進んでいますが、それらは一部の医療機関の話です。
どの医療機関でも最新の状態になっているわけではなく、多くは人の力による手術をしています。
手術を行うのは医師なので、できるだけ技術の高い医師に手術をしてもらいたいと考えるでしょう。
手術の技術の高さは、手術件数でわかるとされます。
同じ治療の手術でも、全く同じものはありません。
人それぞれ体が異なり、症状も異なります。
手術中のトラブルもその時によって違います。
多くの手術を経験している医師や医療機関は、多くのパターンに対応してきました。
不測の事態にも適応してくれやすいです。