難病を治療していく事が今後の課題

医療技術は世界的にも向上してきており、治療できる病気の数も多いです。
しかし、難病と言われている病気はまだ数多くあり、この難病をしっかりと治療できる医療が今後課題になっています。
難病の治療方法は限定されている事が多く、さらに完治率がそれほど高くないのが問題となっています。
難病は発症率自体は低いですが、もし発症すると苦しい日々を送ってしまう可能性があるので、早く多くの難病の治療を確立させていく事が必要です。
もし、難病が完治出来るようになると、多くの人が健康を維持しやすくなり、長く生きられる人が多くなります。
また、子供の時に難病になって苦しい日々を送るような事もなくなるので難病をどれだけ今後解決できるかが注目です。
医療は日々発展しているので将来的にはこの問題を解決できる可能性はあります。
もちろん、難病の種類は多いですし、簡単に治療方法が見つかるわけではないので苦戦はしますが、今の医療技術の向上に期待です。